SDGs


MCS株式会社は、
・新しい技術の革新をし、生活にゆとりを持たせたい
・脚光を浴びていない凄い人たちに脚光を当てる
・人々の希薄な人間関係をより親密にする
・未来が楽しいと思える世界を作る
・ファンになって応援してもらえる会社になる
を経営理念に掲げ、社会課題解決への挑戦を使命として取り組んでいます。

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す」ための国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、発展途上国・先進国問わず全ての国・人々が取り組む必要のある国際社会共通の目標です。

MCSの取り組み

1 リサイクルPC事業

リサイクルPC事業とは、主に官公庁や企業で使われていたPC(リースアップ品など)を再利用できるように手を加え、お客様にお届けするサービスです。
まだまだ使えるPCが3~5年でリースを終了し、プラスチックゴミを増やしてしまっている現状に対し、廃棄物を削減し無駄を減らす社会実現のため、私たちは3R(※)の理念のもと使われなくなったPCの買取りから、データ消去・クリーニング・OSやソフトのインストールをして提供しています。

リサイクルPC事業を通して、廃棄物を削減するだけでなく環境保全にも貢献できていると私たちは考えています。
● PCを生産する際に発生する二酸化炭素排出量の削減
● PC買い替え時に発生する廃棄物の削減及び再資源化の推進
これらは地球温暖化防止にも繋がり、地球全体(海の豊かさ、緑の豊かさ)を守ります。

また私たちは2015年より、国内7社の内の1社としてMicrosoft社より認定されたMAR事業者です。国内ではこの7社だけが取り扱うことができるMAR(Microsoft Authorized Refurbisher)プログラム。これはMicrosoft社が環境保全の観点から行っている再生用PC向け正規OSライセンスのことです。

小さな一歩かもしれませんが、私たちは事業の更なる拡大を目指すことで、引き続き3R、環境保全に貢献してまいります。

※下記3つのRの総称です。
・Reduce(リデュース):物を大切に使い、ごみを減らすこと
・Reuse(リユース):使えるものは繰り返し使うこと
・Recycle(リサイクル):ごみを資源として再び利用すること

詳しくはこちら
2 未来のエンジニアたちへの取り組み

私たちはこれまでに複数の団体を通じて、リサイクルPCの寄贈・特価提供、また高校生たちに向けて代表取締役 関が講師として登壇を行ってまいりました。

〈リサイクルPC寄贈実績〉
2017年 沖縄県の児童館にリサイクルPC寄贈:10台
Microsoft社からのご紹介で運営が困難な児童館に、子供たちの安全・安心の場を守るため、また子供たちが幼いうちからPCに触れ様々な経験ができる環境作りのために、リサイクルPCを寄贈させていただきました。

〈リサイクルPC特価提供実績〉
2020年 NPO法人様にPC提供:40台
プログラミングを学びたい学生たちに学びの場を提供されているNPO法人様を通じ、PCを購入することが困難な学生たちのために、特価でリサイクルPCを提供させていただきました。困難な環境においても、PC一台あることで新しいものを生み出すことができ、世界は広がるということをお伝えし、そのような機会をご提供できたことを大変嬉しく思います。

〈無償登壇実績〉
2016年 沖縄県立宮古工業高校「AR・VRによる体験講座」に講師として登壇
2017年 沖縄県コザ高校「職業人講和」に講師として登壇
沖縄県の高等学校のITへの興味・理解を深めていくことで、学生たちの将来の選択肢を増やす機会を設けたいとの考えに賛同し、代表取締役 関が講師として登壇させていただきました。最先端の技術から、自身が高卒でも社長になれた話まで、何事も楽しんでチャレンジしていくことで、可能性は大きく広がるということをお話させていただきました。

2021年 足立区/地域包括支援センターてとわ「職業人講和」に講師として登壇
就職支援をしているセンターに代表取締役 関が講師として登壇させていただきました。IT業界の話から自身の夢の話、紆余曲折ありながらも今社長としてやっていられるのは周りの人に助けられたからである、というお話をさせていただきました。また、講師の枠だけでなく、実際にそこで求人を出し、面接の手ほどきも行いました。
ご好評をいただき、本年は複数回に渡り登壇させていただきました。