SDGs


MCS株式会社は、
・新しい技術の革新をし、生活にゆとりを持たせたい
・脚光を浴びていない凄い人たちに脚光を当てる
・人々の希薄な人間関係をより親密にする
・未来が楽しいと思える世界を作る
・ファンになって応援してもらえる会社になる
を経営理念に掲げ、社会課題解決への挑戦を使命として、
日本政府と共にSDGsの達成に取り組んでいます。

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す」ための国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、発展途上国・先進国問わず全ての国・人々が取り組む必要のある国際社会共通の目標です。

MCSの取り組み

1 リサイクルPC事業

リサイクルPCは、主に官公庁や企業にリースされたPCを再利用するためのサービスです。
私たちは、まだまだ使えるこれらのPC達に光を当て、廃棄物を削減し無駄を減らす社会実現のため、3Rの理念のもと使わなくなったPCを引取、データ消去・清掃・OS/ソフトインストールをして出荷しています。
また私たちは2015年より、国内7社の内の1社としてマイクロソフト社より認定されたMAR事業者です。
Microsoft Authorized Refurbisher(MAR)プログラムとは、マイクロソフト社が環境保全の観点から行っている再生事業者向けの正規OSを使った再生中古PCソリューションの提供プログラムです。

詳しくはこちら
2 未来のエンジニアたちへリサイクルPCの提供

私たちはこれまでにNPO法人様を通じ、開発を学びたい高校生向けにPCを提供させていただいたり、児童館・台風19号被災地へPCの寄贈を行ってきました。
また沖縄県の高等学校に講師として登壇し、IT産業についての認知を広めることを目的に、その魅力や可能性の理解を深めるためのお話をさせていただきました。
これからも、子どもたちの学びの機会を増やすための行動を続けていこうと考えています。